パンフレット
英語で劇をやる、ということは、言葉をそのままは分かってもらえない、という難点がどうしてもつきまといます。勿論、英語でやるなりの、楽しみとか、英語でないと分からないギャクとか、日本語でやるよりも、楽しいこともたくさんあるのですが、それはやる側の楽しみであって、お客さんからしたら、「とにかくなにがなにやらさっぱり分からない」ということになります。

でも、この場面で何が起きているのか、どんな話をしているのか、がせめて分かっていれば、少しは観てくれるんじゃないか、と考えて、総数32ページのパンフレットをつくりました。
キャストに似させたイラストと、シーンごとの立ち位置を添えて、細かい内容が説明してあります。

イラストを描くことは好きだったし、パンフレットをつくること自体は苦痛ではなかったのですが、位置あわせや、イラストを好きな位置に入れ込むことは、当時ワープロしか持っていなかった私には無理でした(パソコンがたとえあっても、DTPソフトはまだ登場していなかったと思う)。

こうなったら、あれです、あれ。「切り張り」

文字サイズは「標準・横倍・縦倍」の3つ、フォントも3つ。同じフォント、文字サイズのものをまとめて打ち出して、絵を描いた紙に貼る。文字を大きくしたい場合は、近所のコンビニエンスストアまで行って、拡大コピーをする。
いやはや。今では考えられませんが、とにかく、それでなんとか、パンフレットは出来ました。

今度は印刷。
学校の印刷室で印刷をしたのですが、時間が限られていて、時間内には終わらず、ということはあれです、あれ、「コピー」

分担して、コピー機を占領できる場所へ行き、全部で300部、つくりあげました。ふう。
お客さんが予想以上に入ってくれたこともあり、つくった分は全部なくなりました。むしろ足りなかったようです。私の手元には、はじめに取りだめしておいた2冊が残るのみ。
大事にとっておこうと思います。

全部は紹介できませんが、ストーリーを説明するときに使ったイラストは「公演のようす」ページでご覧頂けます。ちょっと、見るに耐えないものもあるけれどまあ、ご愛敬と言うことで。。。

もくじ
I.はじめに -- 1
II.CASTとその相関図
(※ME AND MY GIRLについて)
 -- 2
III.コメント
-- 総勢11名の班員より --
 -- 4
IV.Musical Numbers(歌う曲名) -- 6
V.ME AND MY GIRLというお話
ACT.1(第一幕) -- 7
ACT.2(第二幕) --20
 -- 7
VI.スタッフ・協力 --32

 

 

画像や音楽、映像ファイルの無断転用を禁じます。リンクフリーですが、リンクをはる際にはメールで連絡をください。>>yana@kt.rim.or.jp

Akiko Yanagawa Logo
Copyrights 1995-2004 Akiko Yanagawa