1 Wd2 3 4 5 6 7 6 9 10 rightLine

[ Writings Index ]

Write it down.
page 2
1999.7.1-7.30

7.22(Thu)

私はコーヒーを一日に数杯飲むが、コーヒー好きとは恐れ多くて言えない。正確に言うと、「コーヒーを入れたミルク」を飲んでいるので、香りとか、豆の挽き方には無頓着である。それでもコーヒーをドリップしている時の濃厚な匂いは好きで(どんなコーヒーでも)、コーヒーショップの近くを通るとついふらふらと近寄っていってしまう。椅子の数と禁煙席が少ないせいで、入ることを諦めることが多いので、その度にお店に入っているわけではないが。

7.21(Wed)

昨日久しぶりにミュージカルを観にいった。前から10列目の席だったので、よくみえるだろうと楽しみにしていたら、前の列のおばさん4人組の頭が邪魔で(ラブシーンになると特に身を乗り出すんだよなあ)、何度か頭をぴょこぴょこと動かさなくてはならず割と疲れた。でもまあ、久々の生オーケストラ演奏と、豪華な舞台衣装や歌声が聴けて嬉しかった。

7.13(Tue)

最近、少しずつ歌の入っていない曲を聴いている。クラッシックやジャズ、インストゥルメンタルの、自分と波長が合うものを手当たり次第に聴いている状態なので、まだこれを主に聴いていますとは言えないのだが、クラッシックに関しては、どうやらピアノが主役、準主役であるものが好きらしいことが分かってきた。まだ羽ありが地球を一口味見した程度の量しか聴いていないが、何となく。今日みたいに雨がざあざあと音を立てているときに、部屋の中でピアノ曲が流れていると骨から融けだしていくようにほっとする。CD屋ではピアノ曲が流れている付近から離れたくなくて、うろうろと意味もなく彷徨ってしまう。浅くはあるが、子供の頃にピアノを習っていた経験が少しは影響しているのかなと、多少強引に結論づける。

7.12(Mon)

カタログを見るのが好きだ。気分が落ち込んでいるとき、意味もなくぼーっとしたいとき、無印良品などの厳選カタログが入ったフォルダをかき回して、最近手に入れたばかりのものや、気に入っているものを抱え、ベッドの上かリビングのソファに昇る。ページを繰っているうちに次から次へとほしいものが現れ、そのあまりの多さに見終わる頃には、なにがほしかったのかをすっかり忘れてしまう。今のところは見ているときのわくわくした気持ちだけで満足なので、あまり浪費をせずにすんでいる。

7.9(Fri)

吉祥寺から学校へバスで向かう途中、1車線しかない道路に堂々と駐車していた車のせいで、数分足止めをくった。クラクションのけたたましい音や、それにつられて見物に来る人を見ていると、関係ないながらもその車の持ち主が現れたときに、周りから責め立てられているところを想像してひやひやしてしまう。勿論そんな非常識なところに止める方が悪いんだけど、不穏な空気そのものがどうも苦手なのだ。父が短気なせいで、この不穏な空気は嫌と言うほど味わってきた。後ろの方に座っていたから、今日は幸いその様子は見ないですんだ。しかしバスの中にいる人は、みんな席から立ち上がって見てたな。

7.7(Wed)

知り合いの既婚女性が、雨降りの朝はひどくさみしくなる、と言っていた。そんな朝嫌だと思ったことが、結婚するときの一つの判断材料になったとも。私の場合は夕方6時頃、お母さんたちがスーパーに買い物に出かけ、テレビでは昔のアニメやドラマの再放送から一斉にニュース番組に変わる時間に、そんな突然のさみしさはやってくる。土曜日など一人で家にいるとき、しまったと気がついても既に遅く、私はそのさみしさの穴にいつの間にか足を片方つっこんでいる。部屋は日が落ちる前の不思議な色に染まり、テレビがついているとそのぼんやりとした青い光が不気味に浮き上がっている。何とか数時間を過ごせば、穴の存在なんかすっかり忘れてしまうのだが、それは落とし穴のように表面を隠されているだけで、また一人の夕方になると姿を現し、私の足を捕らえることになる。

7.5(Mon)

「全品990円!」とでかでかと書かれた大手スーパーマーケットのチラシが目に付いた。食品ではなく、Tシャツ、スカート、スラックスにはじまり、下着、水着、ストッキングまで、ありとあらゆる洋品が990円だそうである。確かに値段は安い。でも私の経験から言って、ある程度を越えると安いものというのはそれなりの価値しかないものが多い。もちろん安く買って短い間着て、また次に真新しいものがほしい、というのも、一つの考え方だとは思うが、何というか、チラシにはこれだけ安くすれば売れるに違いない!という自信が満ち満ちているような気がして、うーんそういうものでもないんだけどな、と反論したくなった。ちなみに数日後のその店のチラシでは、(全品ではなかったけれど)580円激安コーナーが紹介されていた。580円の水着。見てみればよかった。

7.3(Sat)

「嫁入り前の娘がはしたない」と(半分ふざけてだが)親に言われて、その言葉の意味を考える。ものすごい言葉だ。じゃあその「はしたない」ことは嫁入り後ならしてもいいということだろうか。嫁入り前はとにかく結婚相手をみつけないといけないから、猫をかぶってなさい、という意味?結婚しちゃえばこっちのもんなんだから、という言葉が裏に隠されているような気がして、苦笑してしまった。

7.1(Thu)

小学生のころ友達の家に遊びに行って、その家その家独特の「匂い」があるんだなあと初めて知った。使っている洗剤、石鹸、歯磨き粉、シリカゲル、食用油、調味料などなど、いろいろなものが混ざって生まれる匂い。人の家で洗濯した服を着て、そんなことをぼんやりと考える。




1 Wd2 3 4 3 6 7 6 9 10 rightLine

[ Writings Index ]

画像や音楽、映像ファイルの無断転用を禁じます。リンクフリーですが、リンクをはる際にはメールで連絡をください。>>yana@kt.rim.or.jp

Akiko Yanagawa Logo
Copyrights 1995-2004 Akiko Yanagawa